MENU

異分野融合研究交流会(ENCORe:Networking for Co-creating Research)をオンラインで開催しました

2020/07/16

 令和2年6月18日(木)、異分野融合研究交流会(ENCORe: Networking for Co-creating Research)をオンラインで開催しました。
 本交流セッションは、本学の日本人研究者と外国人研究者あるいは外国人研究者同士の共同研究・異分野融合研究推進を目的として、英語で定期的に開催しているネットワーキングセミナーで、今回は初めてのオンラインでの開催となりました。
 ポストコロナの世界―新しいライフスタイルをテーマに、医学研究院のDr. Stephen Lyman講師およびリスクマネジメントの専門家である男女共同参画推進室の杉本めぐみ准教授が、それぞれの専門分野の観点からのポストコロナの新しいライフスタイルをテーマにプレゼンテーションを行いました。その後、質疑応答や参加者による意見交換を行い、本学の国際・共同研究推進を目的とした学内研究助成金についての説明も行いました。
 異なる2つの分野の研究者によるプレゼンテーションに加え、意見交換を目的とした少人数のセッションに幅広い分野の研究者等21名が参加し、オンラインという限られた環境の中ではありましたが、意見を交わし、他の参加者の研究についても触れる機会となりました。

当日のプログラムは、こちらをご覧ください。

*****
<次回開催予告>
  日 時   : 8月27日(木)15時~ オンラインにて
  テーマ   :(仮)Brain Sciense and Reasoning
      参加方法:  事前申し込み
*****

 ※学術研究・産学官連携本部研究企画・サポートグループでは、随時、学内の研究者よりENCOReのテーマを募集しています。

質疑応答の様子